降圧剤で多く処方されるもの

病院で高血圧と診断を受けると降圧剤を処方されます。
降圧剤は血圧を下げる作用のある薬で、現在では処方されるものも様々な種類のものが存在します。
降圧剤は一般的には7種類のものに分類され、カルシウム拮抗剤、アンギオテンシンII受容体拮抗薬、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬、α遮断薬、そして前述のものを組み合わせた合剤というものになります。
このうち、カルシウム拮抗剤はよく処方され、目にする機会も多い薬で、アダラートやノルバスクといった薬がそれにあたります。
血管の中にある筋肉にカルシウムイオンが触れると、この筋肉が収縮して血圧を上昇させてしまいます。
カルシウム拮抗剤はこのカルシウムイオンが血管の筋肉に入るのを防いで血管が必要以上に収縮しないようにし、血圧の上昇を抑えるのです。
アンギオテンシンII受容体拮抗薬にはディオバンやオルメテックなどがあり、「アンギオテンシン」という血圧を上げる物質の働きを阻害する働きをもっています。
ACE阻害薬もその働きはよく似ていて、アンギオテンシンが体内で生成されることを阻害することで血圧の上昇を抑えるというメカニズムの薬です。
プレラン、アデカットなどがそれにあたります。
利尿剤は歴史も古く、海外でも非常に使用例の多い薬です。
尿の排出をうながし、尿と一緒に塩分を体外に出して血圧を下げることが狙って処方されます。
利尿剤にはダイアートやオイテンシンなどがあります。
β遮断薬は心臓のβ受容体に作用し、心臓から送り出される血液の量を減らすことによって血圧を下げるという効果を持っています。
サンドノーム、メインテートなどがβ遮断薬として処方されるものにあたります。
ミニプレス、デタントールなどがα遮断薬というもので、効果や働きはβ遮断薬と同じです。
α受容体を遮断して血管の過剰な収縮をおさえ、血圧を下げる目的で使われます。
体質や病歴などによって複数の薬を組み合わせたものを処方することもあり、それらは合剤と呼ばれ、各々によって調剤されるのできまった名前はありません。
降圧剤は利尿剤のようにとても長い歴史を持ち比較的安価に処方されるようなものから、α遮断薬のように近年研究が急速に進んだものまでさまざまなものがあります。
医師が病状を判断した上で処方するものですから、基本的には医師の言うことを守って服用すれば危険性はありません。
食べ合わせの悪い食べ物や、飲み合わせの悪い薬などを気づかずに摂取して薬効を妨げてしまうこともありますから、薬の飲み合わせや一緒に食べてはいけない食べ物などについては、かかりつけの薬局にて薬剤師によく確認をするようにしましょう。

■ノルバスクは高血圧患者への第一選択薬です
高血圧症を抑えるノルバスクの効果